--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

20

January February March April May June July August September October November December
2009(Tue) 16:00

年末王国ツアーのお話。

オフの話

オフ関係の話は、記憶が残っている内に、と思いつつ。
なんだかんだで間があきましたが、昨年の12月13・14日の2日間に渡って開催された、王国ツアーの感想をようやくアップですよっと。
いい加減時期も過ぎまくっているので、もう今更上げなくてもいいかなーとかもちょっと思ったのですが、まぁ折角だらだらと書いた文章も勿体無かったので、今更ながらの公開。
色んな意味で内容の濃い2日間だったので、遠慮も会釈も無く盛大に長ったらしい記事になっております。なにせ一万字越え余裕でしたし(←)
なので、ガチで時間のある時に読むのをお勧めしますです、よ。

忘年会の方も、ツアーを書いたからには、また記憶が残っている内に頑張るかもしれません。が、基本的には予定は未定な感じで一つ。うん。(←←)

☆一日目・集合

そんな訳で、以前チャットで軽く話に出て以来、やりたいやりたいと騒ぎつづけていた、ネズミ王国ツアーCtS編が開催されました。
当日の王国の天候は、晴れ時々曇りの予報で、雨にはならなかった事にまずは一安心。

集合時間は入場制限に備えて、開園時間ぴったりの朝8時に舞浜駅で合流と言う予定にしていたので、参加面子の中では多分3番目ぐらいに遠方だった私は、朝も早よから5時ちょい過ぎの電車に乗って地元駅を出発です。
オフ会が開催されると、なぜか必ず大規模作戦に被ると言うジンクスが今回も遺憾なく発揮されてしまったせいで、前日は予めプレ提出したり相談したりと色々やってる間に、寝る時間がすっかり無くなってしまい。
電車内では隅っこの席を陣取って、がっつり睡眠取りながらの移動でした。

途中、シャイな戦闘機の人こと、暁さんから現地到着の報告メールが来たので、少々のやり取りをして待ち合わせ場所を打ち合わせつつ東京駅へ。
そこから相変わらずやたらに遠い京葉線のホームまで小走りで乗り換えて、車内で更に叢雲君やFoさんやお日様の人@くがさんから移動報告や、現着報告を受け、片っ端から返信してる間に舞浜到着。
現地では既に叢雲君、れぐさん、パンクな悪人@おずさんの三名が合流してて、そのすぐ近く…と言うかとても目の前に(笑)暁さんらしい方もいたので、お声をかけて確認して。初めましてと、軽く自己紹介タイム。
ここで私が初対面だったのは、暁さんとおずさんのお二人で。

暁さんは事前の噂どおりの盛大なシャイっぷりで、お会いしてから暫くはまともに視線も合わなかったぐらいのシャイな方でしたっ
自分もかなり人見知りする性質なので、その様子に物凄い共感しつつも、プレッシャーにならない程度にちょこまかと話しかけたりしてみたり。
主に猫の話題とか、ネコの話題とか、ねこの話題とかを。
いやだって、猫様たくさん飼っていらっしゃるって言ってたので、お話聞きたかったんです…!
そんな聞きたがりの私に、人見知りしながらも頑張って答えて下さる姿にちょっと胸キュンしたのは内緒です(←)

おずさんの方は、PCとしてもPLとしても、事前の面識は殆ど無かった方なのですが、PCさん自体は前からあの悪役RPが凄く好きで、気になってた方だったので、今回お会いできて大変嬉しくっ
見た目も中身もほんとにPCさんそのまま、と言う感じで、大変可愛…面白い方でした。
事前に見た目に関して相当脅されていたので、どんなものかと思ってドキドキしていたのですけれど、思ったより普通な感じでした。ていうか、自分の昔の友人の方がもっとごつい格好してt(ry
…まぁ、若い頃なんて皆やんちゃするものですよねー、と言う事で(←)

そんなこんな雑談してる間に、Foさんも合流しまして。
Foさんは何やら少々体調が芳しくないとかで、マスク装着でのご登場でした。
合流して早々、みんなの身軽さへの突っ込みとかありましたけど、そりゃあノートPC持参の方と比べたら身軽ですともさ…!(笑)
や、でもお陰で、大規模のプレ提出助かった方は何名もいらっしゃいましたので、ありがたい事だったのですよっ。うん。

んでもってFoさんが到着してから少しして、道に迷っていて遅れたらしい(笑)くがさんも無事到着されまして。
何でも、前日からの関東入りで、舞浜からは随分近い所からいらしたそうなのですが、駅に向かうほんの僅かな道で迷子られたそうで。くがさんは方向音痴なのですね。覚えました(←)
そんなくがさんとも今回が初対面でしたが、最初の印象はやはりPCさんと似た感じのほわほわした方、で。
なんだかリアルでの叢雲君とのやりとりを見れるのがすっごい楽しみです!とか言われていたのですけど、別に何にも面白い事はしてないですよ…!多分。私が多少ドSなぐらいで。(多少?)


☆入国

と、そんな感じで、無事に全員集合できた所で、いざ王国に突撃だ!っと移動開始。
冬休み+土曜日+クリスマス目前と言う、3大混雑条件が揃ったネズミ王国は、駅を出た瞬間から人の群・群・群、で。
あまり王国に来た事がない方達は随分びっくりしていましたが、ここ数年、この時期になると毎年一回は王国に入国している私にとっては、これぐらいは想定の範囲内。
チケットカウンターの辺りは開園直後でも相当な長蛇の列でしたけど、事前に日付け指定のチケット確保を周知していたお陰で、私達はすんなりと入国できました。
なお、後日会社の王国仲間な人に聞いた所、この日は予想通り、開園早々に入場制限が掛かって、その後17時まで解除されなかったそうです。事前購入様様、です(ぐ。)

ちなみに、王国に入国する際には、簡単な入国審査と言う名の手荷物検査があるのですが。
この審査、と言う名前だけで、おずさんが「俺、見た目で入れてもらえなかったらどうしよう…!」と心配してたのが可愛かったです。
ていうかおずさん、なんだかえらい話しやすい人で、この時点で既に私がっつり調子に乗って「金属探知機とかあったら引っかかりまくりですね!(おずさんはピアスいっぱいだったので)」とか言い放っててすいませんデシタ(えへ)

ま、実際は勿論、なんの問題無く手荷物検査もパスしまして。
入り口近くのロッカーを確保して、大きな荷物を突っ込んだ後はいよいよ入国です。


☆FPと抽選とハニーハントと

王国に入ってからは、まず最初にどのアトラクションのFPを確保するか、と言う所から相談したのですけれど、皆さん特に強い希望は無かったみたいなので、クリスマスのジャックに会いたい!と熱烈に希望してた私とれぐさんの意向で、FPの取得はホーンテッドマンションに決定。
とはいえ、全員でパス取りに行っても時間が勿体ないので、私がキャッスル前のショーの抽選も含めてまとめて取って、皆はその間他のアトラクションに並んでてもらう事に。
アトラクションはぷーさんのハニーハントに決定して、一旦二手に別れての行動になりました。

ここでは私の方は単にずっと列に並んでただけなので、特に面白い事はなく。
キャッスル前のショーの抽選は、やはり人数が多かったので外れてしまいましたけれど、FPは予想してたよりは早い時間帯で取れたので良し、です。
その後、ホントはアトラクション組と合流する予定だったのですけど、抽選に並ぶので既に一時間ぐらい経過していて、叢雲君に電話して様子聞いたら多分半分ぐらいは進んだかもー、みたいな事を言ってたので、じゃあわざわざ合流するよりその間にお昼の順番待ちでもしてた方がいっかなぁと思い立って、別行動続行に。
ハニーハントは私は出来たばかりの頃に乗った事があるので、まぁいいか、と思いましたし。

お昼の場所は、ハニーハント近くのハートの女王のレストランにしようかと、混み具合を観察しながら、付近のショップをうろちょろ回って遊んでました。
後で、みんなの為に順番待ちしててくれてありがとうとか感謝されちゃってたんですけど、もともと私、単独行動大好きッ子なので、この時もほんと物凄い勢いで一人を楽しんでましたごめんなさい。
でもぷーさんのお店も、マリーのお店も、ガラス工房も、ジャックやクリスマスや新年の時期ものグッズも、とっても面白かったです!(←)
それから、この単独行動の間に、スティッチのパレードも見れたんですけど、内容は事前に某まぐろの方が仰っていらした通りのしょんぼりな感じで。
あれは並んでまで見る程のもんじゃないですね、うん。

とま、そんな感じに時間潰しつつ遊んでたんですけど、なんだか電話の時点では半分ぐらい進んだとか言ってたアトラクション組がちっとも出てこない+お昼近くになってレストランもじわじわと混みはじめてきた、と言う事で。
軽く順番待ちを開始してみたんですけど、なんだかんだで最終的にアトラクション組が終わるまで持たずに、順番待ちの任務は遂行はできずだったのでした。
結局アトラクション組が出てきたのが、最初の確認から2時間以上かかっていたので、ね。流石に無理でした。役にたたんでごめんね…!


☆一日目・お昼ご飯

そんな訳で、お昼は結局普通にパスタのお店に並ぶ事になりまして。
並んでる間はれぐさん・おずさん・時々Foさん辺りとずっと雑談してたんですけど、途中スモーカーのおずさんが何度もタバコの補給に行ってたのが印象的でした。笑。
(王国内は喫煙スペースが限られているので)

パスタのお店では二つのテーブルに分かれて座る事になりまして、私はれぐさん・叢雲君と同じテーブルにつく事になりました。
なんかお馴染みの面子だねー、などと笑いつつ、コーンスープと、スパゲティーボロネーゼと、ティラミスのセットを注文して。
レグさんもスープの種類以外は全く同じ物を注文な事にひっそり相思相愛な気配を感じ(ぇ)
しかし叢雲君の注文は、季節のデザートでホワイトチョコのタルトが出てたって事以外覚えてない辺り、我ながら如実な愛の差が(←←)
でもタルトはしっかり味見させて貰いましたけどネ!
ちなみに、その味見要求の辺りのやりとりが、れぐさん的に胸きゅんだったらしいです。ふ、普通のやり取りしかしてないと思ったけどな…!


☆ホーンテッドマンション

そんな具合にちまちま雑談しつつお昼を終えた後は、FPの時間が近くなっていたのでホーンテッドマンションに向かい。
クリスマスモードな外観にうきうきしながら、午前中のプーさんで並んだ時間に比べたら、正に一瞬でアトラクション内に入場して。
広がるクリスマスなハロウィンの雰囲気に、テンション急上昇の私。
これでもう何度目だって言うくらいに乗っているアトラクションなのですが、しかしこれは何度乗っても楽しいのです。うっとりなのですっ(ぐ。)
今回のツアーの人数が奇数だった関係で、私は叢雲君とおずさんとの3人で乗ったのですが、乗車の間はずっとハイテンションで、あっちこっち視線キョロキョロさしてました。とっても落ち着かない子でした。えへ。
いや、なんかこのアトラクション、毎年乗る度に、どっか違うような気がするので、つい。
単に私の記憶力が可哀想なだけって説もありますが。が。
最後の辺りでやっと出てくるクリスマスなジャックにもきゃっきゃしながら、存分に楽しんでの乗車となりました。楽しかった!
降りてからも暫くれぐさんときゃいきゃい感想言い合ってみたりして、大変うきうきなひと時でありました。うふふ。


☆ビッグサンダーマウンテン

で、ホーンテッドマンションが終わった後、パレードまでもまだ結構時間があったので、今度はビッグサンダーマウンテンに乗ってくる事に。
やっぱり王国にきたなら3大ジェットコースターにも乗らないとかなーって。
待ち時間は流石の2時間以上だったと思いますが、ま、それはそれで。
夜に乗るビッグサンダーマウンテンは、昼に乗るのとはまた違った景色が見れるのも魅力ですしね。
並んでる間はまたまたの雑談タイムで、楽しく過ごせましたし。
叢雲君がすぐ近くにある射的ゲームで全員分のパーフェクト記念のバッジを取ってくるとか言う変態っぷり(酷)(だってパーフェクトですよ!連続ですよ!)を見せたりとか、ちょっとお手洗いに行ったら案の定人波ではぐれかける暁さんにきゅんしたりとか、色々でした。

私はここでは並び順の関係で、もっぱらおずさんとのトークタイムだった気がします。おずさんはこの辺りでは疲労とヤニ切れが祟って相当眠そうでぐったりだったんですけど、構わず話かける私。ええ自己中ですが何か(←)
おずさんの悪役RPが好きなんですよー、と言う話から始まって、でも悪役RPは色々気使って難しいですよネ、とか。紀藤MSの書くおずさんが大好きだ、とか。
丁度このツアーの前に完成していた、天秤座のおじいさまとお話する依頼のリプレイの話で、あそこでわざわざ骨組みの上から声をかけるって辺りがおずさんだよねー、とか。
色々きゃっきゃとお話させて貰って、大変楽しい一時でした。
紀藤MSとは忘年会でご対面できるね!って言ったら、すっげー楽しみーってわくわくしていらしたおずさんですけど、その後無事思いの丈は伝えられたのでしょうか。笑。

そんな感じでお話してる間に、順番が回ってきましたので、夜のビッグサンダーに乗り込む事に。
私はくがさんとご一緒させて頂く事になり、叫び声が煩かったらごめんなさいですよーっと先に謝りを入れての出発。
乗車中は案の定、終始きゃーきゃー言いながらの乗車でしたが、夜のイルミネーションを見下ろす形で乗るビッグサンダーは、昼間の乗車とはまた違った雰囲気でとっても楽しかったです★
基本的には絶叫系は非常に苦手なのですけど、ビッグサンダーとスペースマウンテンだけは大丈夫だったり。
スプラッシュの方は、落下するのと、写真を撮られるのが気に入らないのでダメですがっ


☆自由時間

ん、で。ビッグサンダーから降りた後も、パレードまでまだ少し時間があったので、ちょこっとお土産購入含めの自由行動を取る事に。
ここでFoさん、くがさん、暁さんは中央キャッスルのショーを見学。叢雲君は再び射的に挑戦。おずさんはヤニ補給(笑)に向かってたそうで。
私はれぐさんがジャックのグッズを見に行きたいと仰るので、デート一緒にお付き合いする事にしました。

お昼にシンデレラ城近くのショップをうろうろしてた時に、そこそこジャックのグッズがおいてあるお店を見かけた気がしたので、取り合えずはそこへ向かう事に。
んで、先陣切って歩き出したは良いものの、何分適当にうろついてた時の事なので、正確な位置がちょっと解らず、多少うろちょろとしましたけれども。まぁそれはそれ(ぁ)
目当てのショップは無事発見できたので良し、ですっ。

そのショップでれぐさんの欲しがっていらしたジャックのカップセットが発見できたので、それを含めてちまちまとお買い物を済ませて。
私は既に何度も王国に来ている身の上なので、今回は特に欲しいような物も無く、適当に見て回るだけで楽しんでおこうと思ってたのですけど、ショップを出た時には、何故か手元にミッキーの形の、クリスタルの光るペンダントのおもちゃを持ってたのはご愛嬌(ぇ)

…いや、うん、だってほら。私、性根が子供っぽいので。こういう光り物に弱いんですよ…!!!
道中、ちらほらとあるワゴン型のショップでも、夜になると色んな光る銃とか剣とかのおもちゃや、ハロウィンの時期なのでかぼちゃ型のランタンだとか、あるんですけど。
それらにも面白いぐらいに目を奪われて歩いてたら、れぐさんにちょっと意外だと笑われる始末でした(恥)

しかもそのペンダントのおもちゃは、紆余曲折の末にれぐさんからプレゼントして頂いてしまった物だったりし、て…。子供ですみません…!
しかし、ペンダントぴかぴか出来て嬉しかったのは否めない事実(←←←)
大喜びっぷりが可愛いとか言われて、またもれぐさんに笑われる私なのでした。恥ずかし!(うん、でも有難う御座いました…!)


☆エレクトリカルパレード

そんなこんなで、私のお子様っぷりがいい感じにれぐさんにばれた所で、自由時間も終わり。
再度集合して、パレード系の本命・エレクトリカルパレードを見学しに行く事に。
見る場所は、気持ち早めに動いたのもあって、願いの泉(だっけな?)近くの、それなりに良く見渡せる場所を確保できました。
座って見学する場所だったので、事前に持ってきてたレジャーシートを敷いて、女性陣はそれに座って見学。男性陣はなんか適当に頑張って下さい、で(ぇ)
私の鞄には入らないからって、シート持っててくれたのは叢雲君なんですけどネ☆
ま、男性陣からの不満は特に無かったので良いのですよ。うむ。

そんな感じで見学体制も整えた所で、パレード開始となったので、うきうきわくわくと見学に。
夜のエレクトリカルパレードは、時々山車が入れ替わる等の変化があったりするので、これも何度見ても飽きない面白さがあります。
あの楽しげな音楽や、大量の電飾の数々、ダンサーさんの踊りなどなど、今回も楽しく見れましたv


☆花火

んで、パレードも見終わったので、残すところはラストの花火だけとなりまして。
流石にこのぐらいの時間になると、夜の冷え込みも相当厳しかったので、花火を待つ間ちょっと温まろうぜって事で、ホットの飲み物を置いてあるお店にて休憩を取る事に。
各々スープやコーヒーや紅茶やらを買ったら、外のテラスに座って雑談タイム。と言っても、皆言う事は寒い寒い、ばかりでしたが(笑)

位置的に丁度花火も見れる場所だったので、花火もそのまま座っての見学となりました。
この時の花火は、普段の物とはまた違った内容だったそうで。
次々打ちあがる色んな花火に、暫く声も無く魅入っておりました。
内容は一般的な菊やスターマインなんかを始め、ミッキーやハートの形の花火も入り混じるのが王国な感じ。
最後の大柳は、個人的にも凄く好きな種類の花火だったので、きゃっきゃと大喜びで見てました。
夏の花火も好きですけど、冬の冴えた空気の中で見る花火も大好きなのですv
私が普段王国に来るときは、悪天候とか強風の影響とかで、何気に中止になる事も多かったりする花火なのですが、この日はちゃんと見てこれて良かったなぁ、と。


☆王国から帰還、ホテルへ

そんな具合に、花火もきっちり楽しんだ所で、時間も良い時間となりましたので。
王国から帰還して、本日の宿へ向かう事に。
舞浜から電車を乗り換え乗り換え、目的の駅へ。
この時、多少の疲れと、電車の揺れとで、ぼんやり眠くなっていた私。
Foさんやら叢雲君やらが、さくさくと先を歩くのに釣られて、良く確認せずに改札をくぐってしまったせいで、目的の宿に向かう方とは反対の出口に出てしまい。
その事実に暫く気づかず、携帯のナビとかと睨めっこして、おかしーなーとか首傾げてたのも、今となってはきっと良い思い出。うん。
…だから私は根っからのうっかり者であると、あれほど言っておいたのに…!(←)

まぁ、改めて宿までの行き方を確認した所、出口の間違いには気づけて方向修正できたのでいいんですっ


☆晩御飯と飲みと

そんな訳で、予定の時間からはちょっと遅れ気味になりましたが、無事宿に到着してチェックインして。
簡単に部屋割りを決めて荷物を置いた後は、本日の晩御飯、兼、飲みのお店に移動です。
場所は宿近くの居酒屋さんで、飲み放題付で二時間程の滞在。
王国に居る間中、ずっとお酒まだー?と我慢していたおずさんは、本領発揮とばかりに生ビールばっかりパカパカと開けておりました。
そして酔っ払いスイッチも良い感じにONになり(笑)
話しすぎて声が掠れてしまっていたくがさんに、その声だけで酒が飲めるとか言ってみたり。
一日一緒に過ごしても、やっぱりシャイな暁さんに無理やり話題振ってみたり。
右隣と左隣の法則を唱えるれぐさんの、右隣に当てはまっていたのがお気に召さなかったらしく、「俺そんなにうざい?うざい?」と何度も確認して、何度でも肯定されて撃沈されるMっぷりを発揮したりと、色々全開な感じでした。

私は毎度の梅酒ロックでちまちまやりつつ、おずさんうざ可愛いなーと、完全他人事モードで見学です(←)
いや、暁さんや叢雲君と、ちまちま雑談とかもしてましたよ。もう大分記憶が空ろなので、何を話してたかはあんまり覚えてませんけどっ

ちなみに、Foさんはこの時点で大規模の相談やプレ書きがあったそうで、ご飯もろくろく食べずにノートPCを持ち出して相談頑張られておりました。
そんなFoさんに、甲斐甲斐しくお鍋を取り分けてあげていたくがさんは、優しい人だと思いました。
ちなみにここでの雑談が、おずさんとくがさんとれぐさんの3人小隊結成の運びとなったらしいです。
まさかほんとにあの名前で小隊結成するとは思ってませんでした(笑)


☆宿帰還

と、二時間(主におずさんが)楽しく飲んだ所で宿に帰還して、後は各自適当に、寝たい人は寝て起きる人は起きてーな感じでやろうかとなりました。
くがさん、おずさん、れぐさんは、突発小隊の相談の為に、Foさんと暁さんのお部屋でノート借りつつ相談、との事だったので。
私はお風呂入って着替えて寝ようかなぁーとか思っていたら、まだ飲み足りなかったらしいおずさんに、部屋まで迎えにこられておずさんと叢雲君の部屋まで連行される事に。ていうか、おずさん相談は。聞いた所で、にこにこ顔でコンビニで買ってた梅酒を注ぐ酔っ払いは、人の話しなど聞いちゃいませんでした。
そして酔っ払いの常として、口を開けば意味の解らない事ばかり話しつつ、酒は零すわ、コップは割るわ、灰は散らかすわの大暴れ(笑)
ここでの絡まれ被害者だった叢雲君は、私が部屋に連行される前からこのテンションで絡まれていたみたいで、なんだかとてもぐったりしてました。かわいそう。でも助けない私(←)
いや、私個人としては、こういう楽しく酔うタイプの酔っ払いは面白いので嫌いじゃないんで。うん。

しかし叢雲君はちょっとお疲れ気味の様でしたので、一先ず小隊の相談はしなくていいのー、と、隣の部屋(Foさんの所)に向かわせて。
入れ違いで暁さんがこっちの部屋に来たので、しばしまったりと雑談タイムに。
この辺まで来ると、シャイな暁さんも大分慣れてくれたみたいで、大規模作戦や小隊についてのお話メインに、あれこれぶっちゃけたお話が出来ました。大部隊なりの気苦労とか聞けて、面白かったです。

で、雑談してたら再度おずさんが戻って参りまして、再びおずさんのお時間に。
相談終わったのかと思ったら、なにやら小隊方針で「タクシーちょっと森まで」をどう書こうか悩んでる、とか何とか。
どういう意味なのかはさっぱり解らなかったのですけど、本人は真剣に悩んでいる様子だったので、まぁ頑張れーと、取り合えず放置して。叢雲君が軽く隣の部屋に様子伺いに行ったら、どうもおずさんはお隣でも大暴れだったらしく。
もうおずさんはちょっと寝かせて酒抜いた方がいいんじゃね、って事で、叢雲君と何とかかんとか宥めすかして就寝させる事に成功したのでした。ふぅ。

で、その後お疲れの叢雲君を適当に慰めつつ(笑)ぼちぼちと雑談してたら、うっかり4時近くまで話し込んでしまっていて。慌てて部屋に戻って就寝となりました。



☆二日目・合流

という訳で、ここから王国ツアー二日目、です。

二日目の最低ラインの起床予定が9時だったのですが、寝たのが朝方4時と言う事で。
ただでさえ普段から寝起きがぐだぐだな私。ちゃんと人様に迷惑かけず(ぇ)起きれるかなーっとドキドキしたものの、やはり人と一緒に寝ると緊張する様で、何とか目覚まし一発で起きられました。
醜態を晒す羽目にならなくて良かった良かったなのです(ほ)

そんなこんなで無事目覚めた後は、帰り支度をしてホテルをチェックアウト。
二日目は生憎の雨空だったのですが、宿から最寄の駅までは近い距離だったので、軽く濡れながら移動して。
池袋駅に到着した所で、何人かは適当に傘を購入。
その後Seiさんとも問題無く合流して、カラオケの時間まで適当にお昼を取るべく、手近なファミレスへ移動しました。


☆ファミレスでお昼

この日のお昼に入ったのは確かジョナサンで、人数的な問題に全員まとまっては座れなかったので、男女で別れて座ることになりました。
私はそこそこお腹もすいていたので、がっつりオムライスを頂くことにして。
Seiさん・くがさん・れぐさんの女性陣とまったり楽しく雑談しながらのお食事タイムです。
話の内容はやはりCtSに関しての事で。依頼やOMCやキャラ設定などなど、色んなお話をさせていただきました。
Seiさんとこの息子さんとの一件や、真琴さんの内面に関するちょっとした裏話についても、軽くお話したりして、良い機会になったと思います。
その辺はまた別口で書こうかなーと思いますが、取りあえず、始まりも終わりも、起点になったのはやはり叢雲君だったなぁと言うことで(何)

そんな感じで女性陣でひとしきりお話した後は、ちょこまか席移動もしたりして、カラオケの時間まで大体3時間ぐらい?滞在していたと思います。
途中、くがさん経由で某野良猫さんとお話したり、相変わらず電話参加のお好きな(笑)くにやさんとお話したり。
しかし、くにやさんとはPC的な絡みにおいては、CtSよりもソルパの方が深いので、お話しするとなると比重はどうしてもソルパ方面になりますね。いや、姐さんとパパさんのやりとり楽しいので、大歓迎なんですけど(笑)
CtSの方でも、また通常依頼もご一緒してみたい所でありますなっ

野良猫さんとは初めてのお電話と言う事で、人見知りーな私はあんまり上手いことお話できずに申し訳なかったのですけども。
取りあえず、さくらさんの方を体力強化に誘えたので良し(笑)
今回は王国ツアーにご一緒できなくってホントに残念でしたけれども、いつか機会を作ってご一緒いたしましょう…!
なんでも某暁さん辺りが水面下で行動開始しているらしいので、うまく向きが合えば関西方面でお会いできるやもしれませんね(と、軽くプレッシャーかけてみる←)


☆カラオケ

そんな調子でわいわい雑談して過ごした後は、時間になりましたのでカラオケへ移動して。
14時から17時ぐらいまでの3時間ほど滞在いたしました。
最初の内はまだ雑談の続きな感じで、ドリンクを飲みながらちまちまと会話で。
ここでSeiさんが、例のDATEMAKI依頼にみんなを扇動したりしてた訳です(ぁ)

ひとしきり会話に区切りがついた所で、ぼちぼちと歌の方も入り始めまして。
この日歌っていたのは、れぐさん・暁さん・Seiさん・叢雲君・私の5人かな?
Foさんとくがさんは前日に喉を痛めていらしたのがまだ続いていて、おずさんは部屋の奥の一人がけの椅子に陣取って、完全ヤニ補給モードに入っていたので(笑)歌う気0、と。

今回もSeiさんの一発目は、例の歌で。お聞きするのは花園オフから二度目ですけど、今度もやっぱり聞いてるだけで息切れしそうな歌でした…!
叢雲君も毎度の職人芸で、あれこれネタ歌を歌っておられました。まともな歌も何曲か歌ってた気はするんですけど、それ以上にネタの方が濃いので良く覚えていません(ぁ)
れぐさんは相変わらずハスキーな歌声で大変かっこよくっ
れぐさんの歌うサンホラ、大好きです。大好きです。大事な事なので二回です。
じまんぐさんの所は何度でも叢雲君に押し付ければ良いと思います。なんだかんだ言ってもマイク渡せばどうせ歌う子です(←←)
暁さんは唄う端かられぐさんに、「(CtSでの)彼女さんへの歌ですねv」と突っ込まれて照れている様に胸きゅんでした☆
選曲具合がとても若者な感じで。こういう所で地味に年の差を感じる訳です。

私の方は相変わらず、ポルノメインに自分の好きな歌ばっかり適当にセレクト、で。
終盤ではSeiさんとちょこっと、自PCのテーマソング披露とかして遊んでました。いつぞや兵舎で話してた内容が、ようやっと実現(笑)
あれは楽しかったのでまた機会があれば是非やりましょう☆えへ。


☆二日目・飲み会

ひとしきり歌い終わって良い時間になった所で、ラストのお店に移動です。
今回は池袋にある、アクアリウムを意識したお店にしてみました。水族館とか大好きなもので…!
お店の場所は飲食店とかが入っているビルの中ほどにあったのですけど、外に出ている看板が若干解り辛かったせいで暫く気づけず、同じ場所をうろちょろしたりしながらの到着でした。
(すぐ上の階のお店の看板の方が、余程水族館っぽかったんですよね…あれはどうみても罠だったっ)

そんなお店の中は、抑え目の照明と青っぽいライトで、壁の水槽が良い感じに引き立てられた、落ち着いた感じのお店でした。
部屋もそれぞれ個室になっていて、足元の床はガラス張りになっていたり、テーブルもガラステーブルだったりで、個人的にはかなり好きな感じの内装。
今回は忘年会コースで予約を入れていたので、冬の定番お鍋をメインに、ちまちまと海鮮系の副菜が並びました。
勿論今度も飲み放題付だったので、ここでも毎度の如くぱかぱかと梅酒ロックを頼む私。
お酒が入ってからが本領発揮のおずさんも、勿論生ビールで。

しかしこの日は、前日の暴れっぷりを多少反省してはいたらしく、なるべく大人しく飲むように頑張ろうとしてたそうで、お酒が入ってもテンションはわりかし普通気味でのスタートで。
でもそんな決意に対して、結果の方はと言えば、お鍋の面倒を見ようとして手が滑ってダシ汁を零しちゃったり、大人しくしてる!って言った端からお隣の暁さんに絡んじゃったり、色々と反比例な感じでした。
そして最終的には「俺が大人しくとかやっぱ無理!」って言って元通りのおずさんに戻ってました。
本人は帰り際少し凹んでたみたいですが、傍目から見てる分にはとっても面白可愛かったので、私は大変満足です(←←)
取り合えず凹んでる様子だったので「でもおずさん的には大分頑張ってはいたよね!」って、ちょっとフォローしてあげたら、満面の笑みで「そうだよねー!」って言って立ち直ってたおずさんも可愛かったです。まる。
…おずさんの話ばっかだな!私!

一応おずさん以外とも、勿論ちゃんとお話はしてましたヨ。
主に席が近くだったSeiさんや暁さんや叢雲君辺りと、PCの内面話とか。OMCの話とか。依頼の話とか。色々。
雑談は気の向くまま思いつくままに話しているばかりなので、実際に何を話していたかって改めて思い返すのは、中々難しいんですよね。いや決して私の記憶力が(ry な訳では無いと思います。多分。多分。


☆解散・その後

そんなこんなで、二時間飲みと雑談を楽しんで、長らく続いた王国ツアーも解散の運びとなりました。
池袋駅に戻って、電車の時間を鑑みて、くがさん・れぐさん・Foさん・暁さんの4名はそのまま帰還。
おずさんはまだ飲み足りないと言う事で池袋の夜に消え、私とSeiさんと叢雲君は、私の終電までまだ少し余裕があったので、もうちょっとお茶でも飲もうかーと、駅構内のお店に入って雑談続行に。
とは言っても、時間的にはものの一時間ぐらいでしたし、叢雲君は内30分ぐらいの滞在でしたが。
(この日の夜にめの絵師様の窓開けがあって、私の帰宅時間だとどうにも間に合わなかった為、変わりに主発注をお願いしてたので早めに帰られたのです。何から何まで私の都合です。毎度すまんね!でも反省は余りしていない。おまけに帰りに渡すねと言ってた☆も渡し忘れる始末。だから私はうっかり者だって(ry)

まぁそんな感じで叢雲君も帰られた後も、もう少しSeiさんとはお話してまして。
Seiさんとは花園オフ、新橋オフと、ちょこまかお会いしていたものの、私の人見知りががっちり発動してたりとかで、いつも上手くお話できず終いだったので、この日は少しの時間でもちゃんとお話ができて嬉しい私(えへ)
基本的に構って貰うと嬉しい子なんで…!人見知りだけど!

ここでの会話も、やはり依頼や息子さんとの話や、OMCの話なんかで、まったりまったり遊んで頂きました。
丁度時期的にクリスマス商品が活発な時だったので、どの絵師様に発注するかとかで盛り上がった気がします。シャム猫絵師様は素敵ですよネ☆とか。でもめの絵師様の窓開けではライバルですね!とかとか。
お互いOMC狂で、絵師様の好みも近いようなので、OMCの話になると容易には止まりませんでした(笑)

その後、私も終電の時間が近くなりましたので、切符買って構内に入って、山手線を途中までご一緒してSeiさんともお別れ致しました。後は電車に揺られてのんびり地元駅まで。
ちなみに、帰り際切符買うのとか、ホーム探すのとか、いつもの執事さんが居なかったので、変わりにSeiさんがお世話して下さいまし・て。
PCもPLも、手間のかかる子でホントすいません…!


と、まぁ、そんな具合で最後までしまらない感じではありましたが、一泊二日の王国ツアーは無事に終了したのでした。
本当に心底私が行きたかっただけと言い切って過言じゃなかった今回のツアーでしたが、お付き合いくださった皆様方、どうもありがとうございました!
また次の機会がありました際には、懲りずに遊んで頂ければ幸いです☆

Edit Comments(0)

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 I Say A Little Prayer, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。